次世代育成支援対策推進法に基づく
「一般事業主行動計画」

すべての社員が能力を十分に発揮できるようよりよい環境を目指します すべての社員が能力を十分に発揮できるようよりよい環境を目指します

社員が仕事と子育てを両立させることができ、すべての社員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定する。

1.計画期間

令和2年1月1日~令和3年12月31日までの2年間

2.内容

目標1:体験就業を通して、若年者の安定就労・自立した生活の推進を実施する。

<対策>

・令和2年2月~ 体験就業の職種、体験期間中の労働条件、求人掲載内容の検討

・令和2年4月~ 体験就業の求人広告の掲載

社員全員がカウンセリングスキルの習得を通じて、自己理解を促し、他社との
共感を図ることができるようにすることで、互恵力の向上と社員間の信頼関係を深める。

<対策>

・令和2年2月~ カウンセリングスキルの習得方法について検討

・令和2年3月~ カウンセリング研修計画 ・令和2年4月~ カウンセリング研修開始

目標3:子供が保護者である社員の働いているところを実際に見ることができる
「子供参観日」を実施する

<対策>

・令和2年4月~ 子供参観日の実施方法についての検討

・令和2年8月~ 子供参観日の実施方法の社員への周知